医療費が高額になりそう
医療費が高額になりそう
詳細情報

【高額療養費の支給】
医療費にかかる自己負担には、被保険者・被扶養者ともに限度額があり、限度額を超えた額は高額医療費として支給されます。ただし、高額医療費の支給は一定の基準に基づいて計算された医療費の自己負担が限度額を超えるときに行われます。そのため、自己負担額が限度額を超えるように思われる場合でも高額医療費の支給対象とならない場合がありますので、ご注意ください。

 

【自己負担限度額】
自己負担限度額は診療月の標準報酬月額に応じた区分があり、区分により限度額が異なります。たとえば、標準報酬月額が28万円以上53万円未満の人の場合は80,100円に全体の医療費から267,000円を差し引いた額の1%を加算した額が限度額となります。
なお、70歳以上の高齢者は70歳未満とは限度額が異なります。

医療費が自己負担限度額を超えた場合、病院の窓口での支払いが限度額までで済む制度があります。
ただし、所得の区分を確認する必要があるため、事前に健康保険組合に申請をして「限度額適用認定証」の交付を受けておき、この認定証を病院に提出することが必要です。
表:医療費の自己負担限度額(1カ月あたり)

申請書類
健康保険限度額適用認定申請書
提出先

健康保険組合(高槻・川西オフィス)

給付額

【医療費100万円/標準報酬月額が28万円以上53万円未満の場合】
図:医療費100万円/標準報酬月額が28万円以上53万円未満の場合の給付額

このページのトップへ