海外で治療を受けたとき

健康保険では、保険医療機関などで直接医療サービスが受けられる「療養の給付」を原則としていますが、やむを得ない事情により療養の給付が受けられない場合で、健康保険組合が認めたときは事後に、支払った医療費から自己負担相当分を控除した額が「療養費」として払い戻されます。

海外療養費もその1つで、海外に滞在中や旅行航中に急な病気などでやむを得ず現地で治療を受けた場合、国内にいるときと同様に健康保険の給付の対象となり、海外で支払った医療費の一部の払い戻しを受けることができます。

ただし、治療内容のレベルや治療費は国ごとに異なりますので、実際に払い戻される額は、支払った費用のすべてではなく、海外の病院で発行された診療内容明細書と領収明細書に基づいて、国内の健康保険で定めた治療費を基準に算定した額となります。

海外療養費の払い戻し額

海外療養費は、原則として日本で医療を受けた場合の診療報酬点数に換算して算定され、

  • 算定した額が海外で実際に患者が支払った額(日本円に換算した額)を下回る場合には、算定した額から自己負担分(原則3割)を控除した額が払い戻されます。
  • 算定した額が海外で実際に支払った額(日本円に換算した額)を上回る場合には、実際に支払った額から自己負担分(原則3割)を控除した額が払い戻されます。

申請書類はこちら

添付書類

上記申請書に、下記書類を必ず添付してください。

  • 診療内容明細書 (記入用紙は、上記申請書内にあります)
  • 領収明細書 (記入用紙は、上記申請書内にあります)
  • 翻訳文 (記入用紙は、上記申請書内にあります)
  • 領収書原本

療養を目的として渡航し診療を受けた場合は支給対象外です。

請求は受診者別に、診療月毎・医療機関毎・入院/外来毎に提出してください。

提出先

サンスター健康保険組合