ニュース

2021/01/01

” 今月の言葉 ” ( vol.18(202101))

 

一陽来復
 

  

【読み】
いちようらいふく

 

【意味】

厳しい冬が終わると、暖かい春が訪れる。一般には新年が来ること。また、良くないことが続いた後に、良いことがめぐってくること。

 

【由来】

「一陽来復」の由来は、「易経」にあります。易経は、中国の古代より伝わっている儒教の5大経書(きょうしょ)のひとつで、陰と陽の2つのしるしで自然や人生の変化について解説した書物です。これを基にした吉凶を判断する占いが現代にも伝わっています。この易では、陰暦10月が陰の気が極まり、陰暦11月から陽となる積極的であったり能動的な良い気が戻ってくるとされています。「一陽来復」とはこの気が陰から陽へと移り変わることを表した言葉です。